● 予約制

● 自由診療

〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-4

ご予約・お問合せ・資料請求

0120-561-287

ご予約・お問合せ・資料請求初めての方へ

腸内環境検査

腸内細菌のバランスをはじめとした腸内の健康状態を調べます。
腸内環境は消化吸収だけでなく、免疫機能などの全身の健康状態にかかわります。
自分の体調をととのえたい方におすすめの検査です。

あてはまる方は、この検査がおすすめ

  • 便秘・下痢になりやすい
  • なかなかダイエットが成功しない
  • 食生活の乱れを感じている
  • 原因がよくわからない不調が続いている

腸内フローラ・腸内細菌叢とは

人間の腸内には多種多様な細菌が生息しており、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)といいます。そして腸内にさまざまな細菌が棲んでいる様子がお花畑のように見えることから、腸内フローラとも呼ばれています。
人間の腸内細菌は数百種類・600兆個以上といわれ、およそ善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されます。食生活やストレスなどによって腸内細菌叢は日々変化しており、これが乱れて悪玉菌が増えると、悪玉菌がつくり出す有害物質も増えます。この有害物質は、下痢や便秘だけでなく、さまざまな体調不良につながります。

この検査でわかること

腸内の健康状態を調べます。

腸内細菌次世代検査

遺伝子解析技術を用いて腸内細菌の状態を解析します。体に大切な乳酸や酪酸を作る菌の割合やエクオール産生菌の有無などがわかります。

腸管浸漏症候群検査

腸管浸漏症候群(LGS)とは、腸管壁の障害により腸管のバリアの網目が拡大し、本来なら体内に吸収されない未消化の食べ物や有害な物質、毒素まで吸収され慢性的な胃腸系の問題や多くの全身の不調が引き起こされた状態です。この検査では、本来は吸収されない糖分子が腸粘膜を透過するかを測定します。

検査方法

腸内細菌次世代検査:便検査 / 腸管浸漏症候群検査:尿検査
いずれの検査も、検査結果は約3〜4週間でわかります。

料金

腸内細菌次世代検査 35,750円(税込)
腸管浸漏症候群検査 66,220円(税込)
※上記以外に、初診料(22,000円・税込)・再診料(5,500円・税込)が別途かかります。
※通訳が必要な場合は、別途メディカルフィーをいただきます。

関連する予防医療